ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

5Gの到来で生活が、世界が変わる

スポンサーリンク

未来のWakkoちゃん

どうも!Wakkoです。

先日5G楽しみだわー!って記事を書きました!

 

www.hibi-colle.work

 

結局5Gになったら何が変わるの?
早くなるんでしょ?大容量通信できるようになるんでしょ?
便利だねー。

私なんかはそんな認識でした。

が。

間違いなく5Gによって生活が「想像を超えた変化」をしますよ。




今はまだ「現実的に可能」の域なのですが。
これらがスタンダード!な未来が現実的に見えるようになってきましたね。

 

映像コンテンツとの付き合い方が変わる

 

長時間の動画を高画質で、しかも3秒でダウンロードできちゃう5G時代。

映像コンテンツの躍進はますます加速します。

 

となると、現在のスマホよりも「映像に特化したスマホが標準装備になってきます。

 

例えばサムスンの「ギャラクシー・フォールド」
折れる液晶、とうたわれたアレです。

 

 

重い、厚い、耐久性に難あり、24万円の文鎮。

と揶揄されてきた過去がありますが

 

何よりも特徴的なのは7.3インチ(対角18cm)の液晶画面

 

 

手のひらに収めるには大ぶりですが

サムスン「動画の時代が来るぞ」

と、このスマホを開発したわけです。先見の明。

 


間違いなく「映像コンテンツ×5G」の先駆けとして今後躍進していくことでしょう…。

こんな「映像向けガジェット」が我々の標準装備に打って変わるかもしれませんね!

 

VR/AR技術がより身近になる

ミュウツーの逆襲の招待状

これはAR

映画:「ミュウツーの逆襲」より

 

VRは「自分が映像の中に入ることができる技術」

ARは「現実世界に映像を投影する技術」

 

5Gのスピードが、これらをより生活に寄り添った技術へと昇華させていきます。

 

 

テレビ×5G
 

――――一方そのころサバンナでは…。

 

みたいな、ナショナルジオグラフィック的な映像が

ご自宅のリビングにAR投影されたらどうでしょう!

 

 

想像するだけで

ほんとほんとにほんとにほんとにライオンだ!!

近すぎちゃってどうしよ!!

 

ARライオンとWakko

 

スポーツ観戦×5G

サッカーのフィールド

 

VRで、お好きなスポーツの試合を

フィールドの中から観ることのできる感覚を味わうことが

出来るようになるかもしれません。

 

そうです、リアルタイムです。

 

  • 一緒に勝利を喜んだり
  • 円陣に混ざったり
  • 胴上げに参加したり
  • 落ち込んでる選手の肩を優しく抱いたり

 

これらは技術的には可能になります。

 

今はまだ、「VRは特別」で、「ARはカメラを通しての表示」ですが

これらが「当たり前」になるのはもうすぐなんですよ。

 

どんなゲームでもすぐにプレイ出来るようになる

Stadiaコントローラ

引用:Google

 

 

これ、まだ日本ではサービス開始されていないのですが

Google「Stadia」 というゲーム配信サービスを始めました。

 

インターネット接続とGoogleChrome

そしてコントローラーと月額課金で

 

Stadiaで配信されているゲームをすぐにプレイできる

 

という夢のようなサービスです。

 

 

クラウド上のゲームデータを使用してのプレイになりますので

なんとハードが不要です。

 

PSもSwitchもwii UXboxも、3DSPSPも、要りません。

 


ただ、今現在このStadiaは

今サービスが始まっている14か国のレビューはあまり良好ではありません。

 5Gが始まってる米国でも…まだ環境が整ってはいないからですね。

 

通信スピードによりプレイのパフォーマンスが変わるので

格ゲーとかアクションゲームは反応命だしちょっと期待できないかな…。

 


ところが、散々お伝えしてきた5Gのメリットを思い出してください。

 

5Gのメリット
  •  超高速大容量
  •  超安心低遅延
  •  多数同時接続

これ、Stadiaをプレイするのに必要な土台、揃うのではなくて?

もしかしてGoogleさん、5Gを見越してのサービス開始?

 

てことは、どんなゲームでもハード無しでプレイできる未来って

もう目の前じゃないですか。

 

やれるぞ、アサシンクリード

 

やりたいだけです

 

 

自動運転のレベルがすごいことになる

 

自動運転中に雑誌を読む女性引用:自動運転とは。6つの自動運転レベルと実用化の未来

 

5Gが実装されれば、車は人が運転しなくてもよくなると言われています。

 

と言うのも、車自体の「自動運転技術」が発達することと

道路の状態を全てネット上で管理できるようになるから。

 

車が勝手に道路状況を把握して一番スムーズな経路を選んだり

緊急車両の経路を邪魔しないように勝手に道を開けてくれたりするわけですね。

 

 

「自動運転技術」自体はすでに実装が始まっています。

 

完全自動運転」を運用するためにはまず

車が周囲の確認をするために高精細カメラの搭載が必須です。

 

これまではカメラから送られる映像の送受信に時間がかかってしまい

判断までのスピードが運用可能なレベルに達していなかったのです。

 

 

そこで満を持して5Gの登場。

 

5G×自動運転
    •  超高速大容量→カメラから送られる映像が高速で判断できる
    •  超安心低遅延→遠隔操作がリアルタイムで行える
    •  多数同時接続→車が密集していてもちゃんと動作する

 

車を製作する企業は

「これでやっと自動運転の技術を実装することができる」

とせわしなくしていることでしょう。

 

自動運転が実装されるまでの道路法の改正も要チェックだっ

 

医療が変わる

医療ロボット「ダヴィンチ」

引用:富山県立中央病院


医療ロボット、「ダビンチ」ってご存じですか?

 

ロボットを操作して手術を行うことが出来るという画期的な技術です。

日本でも、2011年からすでに導入されています。

 


例えば腹部の手術をする際

患部を大きく開いて施術する「開腹手術」

患部に小さい穴を開いて施術する「腹腔鏡手術」の2つがあります。

 

 開腹手術は文字の通りお腹を開いての手術なので、術後の痛みが強いです。

 

腹腔鏡手術は開腹手術と比べて患者へのダメージが少ないですが

手術器具の扱いが(体内で曲げることができないため)難しく

手術の難度が高いです。

 

そこに「ダビンチ」を用いたロボット支援手術。

 

小さい穴からカメラを通し、無段階で曲がるアームにより手術をします。

アームを自由自在に操作することが出来るため、腹腔鏡手術の難易度が格段に下がったのです。

 

前置きが長くなりました!!

 


現在、このロボットの接続は有線で行われています。

少しの遅延が命に関わりますので…。


しかし、5Gの「超高速通信」「超信頼低遅延」が実装されれば

無線での接続も可能になります。

 

 

つまりですね


世界中の患者に

名医の執刀が可能になるわけです。


北海道の名医が沖縄の患者に手術を施すことが

できるようになるわけです。

 

海外の名医の手術が日本に居ながらで受けられるようになるわけです。

 

がんばえ、おいしゃさん

 

 

5Gの実装により、手術を必要としている人の元に手が届くようになる。

これは医療界の大革命ですよね。

 

仕事の仕方が変わる(ハズ)

空っぽのオフィス

 

5Gの実装により、(やっと)働き方改革が現実味を帯びてくるかと思います。

 

もちろん業務内容にもよりますが

ネット上での勤怠管理、Webカメラによる会議などが滞りなく行えるようになれば

ぶっちゃけもう「出社」はいらないんですよね。

 

サボり放題やん、というのもIoT機器の発展でうまいこと監視できるようになると思います(ならないでほしいけど)

 


となると、少なくとも「通勤時間」は減らす

ないしは無くすことができるようになり

 

自分の時間を多くとることが出来るようになると言えます。

 

このような働き方改革を行っている会社も既に存在しています。


このケースを指標に、各企業の働き方改革がより現実になることを願っています。

 

5Gの推進でスマートフォンが無くなる!?

実はね、我々が今持っているスマホ5Gでは使えないんですよ。

これまで通り4G回線での接続になる、っていう。

 

えーどういうことよー!

 

という声が聞こえてきそうですが許せ、諸君。

 

5Gの運用と共に、スマートフォン自体を作り変える必要があり

5Gを実感するためにはスマートフォンの買い替えが必要になります。

 

いや、5G対応スマホ
あるにはあるんですがまだまだ数が少ないんです。

 

ちなみに、先ほどご紹介したサムスンのギャラクシーフォールドは5G対応です。

 

5G開始、は開始なのですが、全国の環境が整うまでは時間もかかります。

段階を追って拡大していくことでしょう。

 

4G回線が急に無くなるわけではないので
しばらくは4G回線と5G回線を併用する形になりますね。

 

 

と、いうところでですね。

 

 

わたくしが思うに今後でてくる「5G対応スマホ」は

もはやスマホではないのではないかと思うんですよ。

 

「眼鏡の形をしたディスプレイ」ってのはもうすでに完成していて

これにスマホの映像を投影することができるなぁんてデバイスがあります。

 

いやもうコレだけでスマホの機能全部対応できるようになっちゃうんじゃないの?

 

ていうかもはやバイス自体が要らなくなるんじゃないの?

 

脳にチップ埋め込んで直接ネットと繋がる技術が来ちゃうんじゃないの?

 

 

ターミネーター

 

 

なんて、夢や妄想が現実になっていくんですね。

 

向こう10年で「スマホ」じゃなくなると思うんです。

 

 

技術と共に生きていく

今は当然に思える技術も、よく考えたら10年前にはまだ想像上のもの、現実ではないものだったんですよね。

 

ですが人々はすぐ新しい技術に触れ、慣れ、スタンダードにしてきました。

 

そう思うと、これから5Gで生活が変わるぞ!と言えるのは今のうちだけなんだなぁ、なんて思ったりするわけです。
そして今過ごせる日々のことを大事にしたいなぁなんて思うわけです。

 

「昔はよかった」なんて言葉がありますが
どんなに個人が「昔がよかった」と思っていても技術の進歩が止められるわけじゃないんですよね。


進歩を止めたくない人が一人でもいる限り絶対止まらないんですよ。

 

 

人工知能が人間を超えちゃうかも!なんて話もありますが
今、我々は「技術と共に生きていく」ことのできる数奇な世代なんじゃないかなっ

なんて随想を重ねています。

 

 

おしまい。