ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

コーヒー以外でカフェインのメリットを受容しちゃおう

スポンサーリンク

こんにちワンダワン。Wakkoです。

私はカフェインを信じ、コーヒーを愛しているのですがっ!

 

さてはコーヒーが飲めない方もいるのではないかと思います。

苦いし渋いしね。好みは人それぞれです。

 

では、チョコレートは好きですか?

実はチョコレートも、コーヒーに負けず劣らずカフェインの含有量が多いです。

 

 

コーヒーのことは嫌いでも、カフェインのことは嫌いにならないでくださいッ…!

 

 

カフェインの覚醒作用で日中の質を高めよう

 

紅茶とケーキ

 Jill WellingtonによるPixabayからの画像

 

コーヒーの香りとカフェインがお昼寝に最適だって話をしました。

 

www.hibi-colle.work

 

ここでドドン!!

カフェインのメリットをお知らせいたします!

 

カフェインの効果

  • 覚醒作用がある
  • 集中力UP!
  • 利尿作用がある
  • 緊張性頭痛の痛みを緩和させる
  • 脳卒中のリスクを減らす
  • 脂肪燃焼効果
  • 筋肉疲労に最適
  • 血流をよくする

この中でも特に「利尿作用」「脂肪燃焼効果」の2項目はかなり気になりませんか?

カフェインを摂取することによってむくみを解消!

さらには痩せられちゃう!(かもしれない)

美容に直結する作用だと思います。

だから私こんなにプリティなんですね。 うるせぇってね。

 

また、「緊張性頭痛」とは

日々のストレスやパソコンの長時間の使用、肩こりが原因の頭痛のことを言います。

 

風邪などによる頭痛や、偏頭痛の自覚があるときはカフェインの摂取は控えてください。

 

カフェインはどれくらい摂っていいの?

健康な大人では、適正なカフェイン摂取、すなわち1日当たり3~5カップ又は1日当たり400 mgまで、であれば心血管疾患などカフェインの慢性的毒性のリスクは増加しないとしています。

カフェインの過剰摂取について:農林水産省

あくまで摂りすぎには注意ですが、1日あたり400mgまではカフェインの効果を受容できます。コーヒーなら約4〜5杯分となります。

 

なんでも「摂りすぎ」は不健康の元となりますので適正な摂取量を目標にしてくださいね。

 

最強のカフェイン含有ドリンクはこれだ!

 

コーヒー以外にもカフェインを多く含有している飲料をランキング形式でお送りします。コーヒーが飲めない方は是非お試しください。

  飲み物 カフェイン含有量(100mlあたり)
1位 玉露 160mg
2位 ドリップコーヒー 60mg
3位 インスタントコーヒー 57mg
4位 紅茶 30mg
5位 煎茶 20mg
おまけ エナジードリンク 30〜300mg

 

玉露が他の追随を許さないほどのカフェイン を含有しているのが見て取れますね。

玉露入りのお茶をご利用ください。美味しいよね。

 

また、コーヒーは苦手だけど紅茶は好き!という意見はよく伺います。

紅茶に含まれる「カテキン」は殺菌作用が強いため、風邪予防にも効果的です。

お茶うがいとか昔させられなかった?私はした。

 

エナジードリンクはどうなの?

エナジードリンクをおまけとしたのは、1日のカフェイン許容摂取量を簡単にオーバーしてしまうからです。

エナジードリンクの飲みすぎにより体調に支障をきたすというニュースもありました。 

www.sankei.com

2015年の記事ですがエナジードリンクとカフェイン錠剤の併用で中毒死してしまったというニュースでした。

エナジードリンクの飲用は「やめなよ」とまでは言いませんが、常用は危険です。

あくまで適量を守るようにしてください。


食べ物だと

  •  ブラックチョコレート(120mg/100g)
  •  ミルクチョコレート(30mg/100g)
  •  ブラックガム(10mg/1枚)

なんかがカフェインの摂取にオススメ!チョコレート美味しいですよね!

 

まとめ

上手にカフェインを摂って快適なワークライフを!

摂りすぎに注意してねー!