ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

「はじめて」のハードルは低い方がいい

スポンサーリンク

こんばんWakko。(流行らねぇからなそれ)

 

どうもWakkoです。

実は当ブログが開設して20日となりました。

毎日更新をうたっておりますので、若干無理がありつつも記事も20を突破することが出来ました。

 

正直毎日更新はもういいか、って思うのですが

とりあえずやれるだけやります。

急にツイッターの名前が変わっているかもしれません。

Wakko@ブログ毎日更新 (@wakkoii) | Twitter

 

私がブログをはじめた理由

 

最初「やってみよっかな」と思ったのは

「アウトプット大全」という本を読んだからです。

 

>>学びを結果に変えるアウトプット大全

   Amazonリンクに飛びます

 

ちょっと内容うろ覚えなのですが

「アウトプットをすることで学びが身につく。オススメはブログ」

そんなようなことが書いてあったので、なるほどやってみようと。

 

アウトプット大全以外にも「ブログいいよ〜」と書いてる作家さんは大勢おりました。

誰が言ってたんだっけな。

 

私、本を読むことは好きなのですが

いかんせん記憶に定着していないことが悩みだったのです。

 

よし、読書感想まとめるブログ作ろ。

そんな始まりでした。

 

溢れるブログ論

 

「ブログ オススメ」「ブログ はじめ方」 

そんなワードで検索して出てくるのは

「プロブロガーがオススメのアフィ○選!ブログでお金を稼ごう!!」

そんな記事が多かったのです。アフィってなに。

 

私が知ってる「ブログ」って、「コメントできる日記」くらいの印象だったので…。

ブログがお金を稼げるツールに成り上がったのはなんとなく知っていましたが、まさかこんなに「ブログ=お金」っていう方程式が成り立っているとまでは考え及ばず。

 

あっ!今私がGoogle検索で手に入れてる情報って「ブログ」の記事なんだ!!

なんで今まで結びつかなかったんだろう…

 

そう考えると「毛玉取り オススメ」で検索してブログの記事上がってくるのすごいな、普通に生きてて毛玉取りの記事なんて書く?普通にAmazonの商品がトップでよくない??

 

そんなこんなで、1記事目を書く前に

「ブログってこういう書き方しなきゃダメなんだ」

と思ってしまって。

 

たくさんの「ブログのはじめ方」の記事を読みました。

 

勉強にはなったけど、あんまり覚えてねぇんだ。

だって結局何一つとして「アウトプット」してないし。

 

はてなブログのアカウントを作ったのは、2019年の4月。

初めて記事を書いたのは、同年の11月です。

 

はじめて記事を書いた。

半年以上はてなアカウントを放置して

ブログのはじめ方をググるのもやめました。

 

でも、11月に生のオーケストラを聴きに行く機会をもらえて。

私、クラシックやオーケストラには興味なかったし知識もなかったんですけど

めちゃめちゃ感動したんですよ。


 

これこれ。コレが最初書いたブログ。

 

完全にただの日記だしキーワードとか読者目線とかなんも考えてないのですけど

「感動した!この曲が良かった!」を

「なんで感動したのか」「なんでこの曲が良かったのか」

そこまで感情を整理したくなったのです。

この感動を忘れたくなかった。

 

んで、書いた。

 

この記事がサーバーに上がった瞬間

あっブログってコレでいいんだ!

と、頭がスッキリしたんです。

 

なんでもいいんだ、誰かに見られなくたって自分が楽しければいいんだ、なぁんだ。

楽しいじゃん。

 

そこからまた「ブログ 初心者」で検索をかけるのですが

お金稼ぎの情報やSEOなど、よくわからないものはできるだけ排除して

”楽しくブログを続けるにはどうしたらいいのかな”

という一本の芯がある状態での情報収集が始まりました。

 

「クロネのブログ講座」

クロネさん(@kuroneblog)という、わたくしめが紹介するのもおこがましいほど「ブログ初心者の神」みたいな人がいます。

この方の「クロネのブログ講座」の中のコンテンツ

100記事10回講座」が私の方針にすんなりハマってくれたので

色々あるけどまずコレなぞろう、なんて思ったのです。

 

気づいたら10記事は超えちゃってたので、最初のスタンプは逃しました。

 

20記事到達は見逃さなかったのでここでお祝いじゃーい!

 

クロネのブログ講座とWakko

ババーン!!

守るべきポイントはあるけど、「とりあえず書いてみましょうか」みたいなスタンスがありがたい。「とりあえず書く」のおかげでカテゴリがとっちらかってるけど。

「とりあえず書く」のおかげで楽しんでるし、「とりあえず書く」のおかげで身についた学びも多い。ありがとうクロネさん。

たまにリプ返してくれてありがとうございます。

 

「はじめて」のハードルは低いほうがいい

実際「○記事でアドセンス合格!」「○日でPV数○万突破!!」って

ブログ初心者じゃないでしょ。

別アカ持ってるっしょ。2周めでしょ。それの専門学校行ったでしょ。

またはめちゃくちゃ飲み込みのいい天才?

 

私は特別でもなんでもなくて、普通を具現化したような人で。

勉強は「やりながら学ぶ」が一番定着するタイプ。

どちらかというと頭は悪いし学校は嫌いだったから行ってなかったし。

やりたくないことはやらないワガママgirl。

ただ、今はやりたくなくても、そのうちやりたくなるかもしれないよねっていう経験は持っています。

今は学校行きたくて仕方がないものね。

 

初めからうまくやらなきゃ、って思ってしまったので

「はじめて」のハードルが無駄に高かったんです。

情報を取捨選択できない自分が勝手にハードル上げたんだけど。

 

でも結局、はじめてみないと身につかないし。

はじめてを笑う人の声なんて、はじめて楽しかったら別に気にならないし。

そもそも、ことブログに関してははじめてを笑う人なんていないんじゃないかなぁ。

はじめない人に対しての圧は強いけど。

 

 

もちろん、「はじめて」はブログ以外にも言えることで。

なんでも「はじめて」を「はじめる時のハードル」をなるべく下げることが、最初のハードルなのかなぁなんて。ややこしいこと思っています。

 

とりあえず、「やってみたら楽しいかも」みたいな精神でやったらいいんですよ。

向いてなかったらやめたらいいんです。大丈夫っしょ。

 

>>30記事到達しました