ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

元限界引きこもりオタク ホムペ時代を語る

スポンサーリンク

おっす。Wakkoです。

ここ数日SEOの記事書いてたんですけどちょっと飽きたんで。息抜きに昔の話でもさせてもらいやしょう。

キーワード?見出し?うるせぇ知るか(口が悪い)

 

 

あーし、昔からインターネットの世界には身を置き続けてきたんです。

学校、行ってなかったんでね。

引きこもってお絵描きしたり面白フラッシュ倉庫見たり自分のホームページ運営したりしてたんですわ。

 

そう、ホームページを運営してたんですわ。

 

自分の描いた二次創作イラスト載せたり、同盟リンク貼ったり、仲良くなったホームページ運営してる人と「相互リンク」しあったり。バナーは200×40px、gifで作ったよなぁ。

 

インデックスページ、おぼえてっか?

 

ようこそ。あなたは0005462人目の迷い子。

キリ番を踏まれた方はBBSにてご報告ください。

「入り口はこちら」とか言っておきながらそっちはダミーで、しっかり注意文読んでないと入れない入り口。

…上記のことが理解できない方はブラウザバックプリーズ。

…見つけてしまいましたね?「裏ページ」

ページが重くなるとわかっていても使いたかったインラインフレーム。

マウスオーバーで差分が見れるイラスト。

お絵描きBBS。タカミン絵チャ。Web拍手

 

 

 

 

何を言っているかわからない?

 

当然だ

 

 

 

 

失われた、黄金の時代の話さ…。

 

 

当時(13年前くらい)はGoogleとかpixivとかなかったので、基本的に「同じ趣味を持つ人同士が繋がるための登録制サーチエンジン」がありました。

イラストサイトの検索エンジン、好きな作品が同じ人同士の検索エンジン。創作や同人活動いっしょくたな検索エンジン

ランキング制度をとっているところ、ピックアップ(手動)してくれるところ、様々でした。

 

なんにせよ

割と狭い世界でみんな繋がりあってたんです。

 

SEOという概念はあったんだと思いますが

検索エンジンへの対策なんてしたことありません。

ただひたすらに、ひたむきに、作品を自分のホームページに上げ続け、人のホームページに挨拶しにいくのがルーティンでした。

Twitterもなかったー。

 

私、その黄金時代を駆け抜けてきているので曲がりなりにもhtmlの知識はあると思ってたんですけど。

なんかもう、あれよね。htmlも変わったよね。当時はCSSは主流じゃなかったんですよ。

htmlだけで十分お洒落なホームページだとされていたんです。

 

今はもうむつかしくて、むつかしくて……

 

 

「自分」を表現することに関しては

今よりずーーーっと、自由度が高かった。

 

と思う。若かったからそう思うのかもしれないけど。

 

今の方が自分を表現するツールは多いけど、「表現のノウハウ」、なかったから。

 

とぉ、っても、自由だった。

 

 

今が自由じゃないってわけじゃないんですけどね。

 

「昔はよかった」ってやつですね。あーやだやだ。