ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

ニキビで見る恋愛事情 〜思い、思われ、フり、フラれ〜

スポンサーリンク

ん?誰だ「もうニキビじゃないよー ふ・き・で・も・の」とか言うやつ。泣くまで殴るぞ。

 

ちなみに「思春期にできる尋常性ざ瘡」をニキビと言い

30歳くらいで出来るのは「思春期後尋常性ざ瘡」を吹き出物と言うらしいです。

こちとら棺桶まで永遠の思春期。

 

ニキビのジンクス

おでこに出来たら「思いニキビ」

f:id:d0o0bii:20191114192821p:plain

好きな人、いるんでしょ

 

あごに出来たら「思われニキビ」

f:id:d0o0bii:20191114193342p:plain

もしかしてあの人、私のこと…

左頬に出来たら「フりニキビ」

f:id:d0o0bii:20191114193444p:plain

気持ちには答えられない、それが出来る限りの誠意。

 

右頬に出来たら「フラれニキビ」

f:id:d0o0bii:20191114192909p:plain

あの人に私の気持ちは届かないのかもしれない、な。


ニキビで見る恋愛事情

f:id:d0o0bii:20191114193609p:plain

こんなニキビに悩まされてる人には 、こんな恋愛事情があるのかもしれない。

 

和子(仮)には友人がいた。

学生の頃からの付き合いで、勤務先こそ別々だが住まいは近所で、26歳になった今「こんなに話題に事欠かなくて気の許せる友人は他にはいない」と感じていた。それは相手もそうだった。

 

先日、自身の勤め先の先輩から告白を受けた。そしてそれを断った

和子は良心を痛めていた。

 

「すごくいい人なの」

 

よく二人で来る赤ちょうちんの揺れる居酒屋。

この店の昆布でとった出汁のだし巻き卵が二人の好物だった。

 

「なんでフっちゃったの?」

「プライベートで、あの人の隣で、あんたと一緒にいる時みたいに笑うことができないなって思った」

「あぁ…気を許せるかどうかは重要だよね」

「これからも一緒に仕事をすることもあるだろうし、気まずくなったらどうしよう…」

「これからも一緒に仕事をすることもあるってわかっていたのに、その人はとても勇気を出してくれたんだね」

その発想はなかったわ

「大丈夫っしょ多分。フラれたくらいで態度を変えるような奴じゃないよ。今まで一緒に仕事してきたあんたの方がそれはわかってるんじゃない」

「うん」

「ありがとっつってまた明日から一緒に頑張ればいいよ。とりあえずお疲れ。おかみさーん」

 

とよく通る声で呼ぶ。二人は慣れた様子でハイボールを2杯注文した。

 

 

二人とも翌日の仕事に備えて深酒にならないようにそれぞれ帰宅した。

あの店の飲み物は総じて酒が濃い。少ない杯数で気持ちよく酔えるコストパフォーマンスの良さも魅力だったが、勢いよく飲み干したため思考が揺れている。

 

「化粧落として…シャワー浴びて…。とりあえず水…」

 

思考を口に出しても行動ができない。かといって眠りに落ちることもできないため、思考だけがぐるぐる回る。

 

―――あんたと一緒にいる時みたいに笑うことができないなって思った

 

―――あぁ…気を許せるかどうかは重要だよね

 

ふと、自分の発言を思い返す。

あぁ。私、あいつの前だと気を許して笑えちゃうんだ。

 

16歳で出会って、もう10年。

一緒にいる時間が長いので疑問に上がることすらなかったが、和子にとって親よりも気を許せる人だ。広い視野を持っていることや、相手を思いやることができるところ、人を傷つけるような嘘をつかないところ。飄々としているが努力を欠かさないところを尊敬している。

そういえばあいつに恋人がいるところを見たことがないな。

 

私じゃ…ダメかな

 

和子にとって思いもよらない言葉が口をついて出、虚空に消えた。

私あいつのこと好きなの?恋人になりたいと思ってるの?

えっ今の無しいや無しじゃない、だってあんなに気が楽で、尊敬もできて、一緒にいたいと思えて、何してたって楽しくて…

思い始めると思考が止まらない。

 

これまでの10年で恋心を抱いていたとは思わない。今初めての思い付きに、和子は心臓が高鳴って仕方なかった。

 

 

昨夜は結局思考がまとまらないまま、さらには化粧も落とさないまま眠ってしまった

起き抜けも昨晩の思い付きの熱が冷めやらず「出来ることならこの瞬間にインフルエンザにでもかかってしまいたい」と思ったものだ。

 

まとまらない思考で考えあぐねいた結果、これは恋に落ちたのだな、と答えを出した。こんなもの、落ちるときは落ちる。

 

ただ、今現在の関係性が変化してしまうことは避けたかった。和子自身の気持ちが変化してしまったのだからいまさらどだい無理な状況とも言えるが、恋人になりたい、などとは到底口にできるとは思えなかった。

 

言えないことがあるのは初めてかもしれないな。

 


多分化粧落とさなかったせい

3つのニキビから物語が見てとれますね!(いけしゃあしゃあ)

実に1500文字の執筆となりました。

翌日、和子の友人の顔にもニキビができてしまっていたとか…。ドコダロウネ。

 

 

化粧落とさないで寝るのって、雑巾顔に乗せたまま寝るのと同義なんですってね!

寝る前に化粧落として保湿、せめてそれくらいはしなくては。と思いつつ、ニキビと日々奮闘しております。

今、私の右頬にはでっけーニキビが発生中なのですが。ニキビできるとつい「思い思われフリフラれ」を思い出してしまいます。フラれています。

 

ニキビとの戦い方

基本的に、ニキビは乾燥している箇所にできやすいとされています。そのため、秋から冬の乾燥期にはなるべくニキビ対策のできる洗顔料、保湿力の高い化粧水や乳液を使用するのが基本的な対策だとされています。

 

しかしできる時は出来るもの。

 

できてしまった時の対処として【第2類医薬品】イハダ アクネキュアクリーム 16G を使っています。

 

夜、風呂上がりに

 

化粧水→美容液→乳液→ニキビにこれ→患部にバンソーコ貼って一晩

 

基本的にはこのルーティンで戦っております。

バンソーコは貼らない方が良いとか諸説ありますが、個人的にはいっちゃん早い対処法です。試される際は自己責任でお願いします。