ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

ユーキャンのボールペン字講座で字はきれいになるの?

スポンサーリンク

美文字になりたいWakkoです。

 

コンプレックスなんですよ、自分の字。
なんていうのかなー、大味なんだよなぁ。

あとだいたい傾いている。

 

ということで2019年末からユーキャンのボールペン字講座を受講しています。

 

ボールペン字講座で字は上手くなるのか?

 

なりますね。(ドーン)

 

綺麗な字を書くことに重要なのは

 

 

  • 綺麗な字の形を覚えること
  • 綺麗な字の形を体に慣れさせること

 

 

教材を使っていてひしひしと感じますが
この2点に尽きます。

 

この2点の履修においてはユーキャンのボールペン字講座はとても優秀です。

 

綺麗な字の形を覚えること

文字を「読む」という機会は多くあれど
文字を「見る」は普段から意識しないとまずやりません。

 

一文字一文字、この一画はこの長さで、跳ねのラインはこんなもんで、次の点までの間隔はこんなもんで…

 

というめんどうくさいことを意識しながら文字を見て

「綺麗な文字の形」を頭に叩き込むのです。

 

うわめんどくさ、って思うけど
小学校の頃から教えられていることではあります。

 

いや別に「ちゃんとやっておけばよかった」とか思ってないです。

 

綺麗な字の形を体に覚えさせること

繰り返し書いて体に叩き込むしかありません。
と言っても、完全に一文字ずつやっていたら一生コツなんて掴めませんので

 

文字の一部をグループ化して、まとめて覚えちゃおうって感じです。

 

文章じゃわかりづらいと思うので下の図をどうぞ。

 

文字のグループ分け

「今日はよろしくお願いします」みたいな文章から派生して2、3文字まとめて勉強するって感じかなー。

 

 

右肩上がりの法則はもうやめよう

「右肩上がりの法則」っていうものがありましてね。

 

右肩上がりに文字を書くとなんとなく文字がきれいに見えるという
素晴らしい発見なんです。確かに効果あります。

 

右肩上がりと肩が張ってる文字の比較

右肩上がりと肩が張ってる文字の比較

 

筆跡心理学によると右肩上がりの文字を書く人は
「保守派」な性格の方が多いらしい。

 

 

実際、私は

 

なんて簡単なんだ右肩上がりの法則!

 

と文字を書くとき右肩上がりに書くクセがついてしまって
このクセが大クセとして出ちゃうのですが

 

綺麗な文字を「学ぼう」としたときに
この右肩上がりは、邪魔。


とくに「文章」を書こうとしたときに、邪魔。

 

結局ね、まっすぐ縦横に線引けないと一生字なんて整いませんから
もし独学で「字綺麗になりたい」って方には

 

「右肩上がりの法則」を鵜呑みにするな。と言いたい。

 

 

あれは「もともとそんなに字が下手じゃない人」が使っていい法則です。

 

 

どんな教材なの?

 

 

  1. 1日見開き1ページずつ進める講座(6冊)
  2. 学んだことを復習できる練習ノート(2冊)
  3. 自分の名前と住所を「先生とやり取りしながら」練習できるシート
  4. 講座の区切りごとに提出する課題のシート

 

以上が実際に書いて進める教材です。
他にもよく使う文字の書き文字辞典みたいなのがついています(都道府県名とか)

 

あと、ちょっと良いボールペン。

書き心地は微妙です。

 

ひらがなの練習

ひらがな練習

漢字と文章の練習

漢字と文章の練習


基本的には1,2を1日1項目ずつ約30分、週5で進行していきます
週休2日取れるのが良い。

 

修了までは6か月が目安なのだそうです。
(受講開始から12ヵ月間は質問や添削指導などが利用できるらしい)

 

 

添削課題がモチベーション維持に一役買ってくれる

 

ぶっちゃけ赤ペン先生とかあってもなくても変わらんやろww
って、思ってたんですよ。

 

 

でも実際課題を送ってみたらすごかったです。

 

 

ひらがな修了時の添削課題

ひらがなカタカナ修了時の添削課題

 

今後が楽しみですとか言われたらやる気出ちゃうよね。 

 

丁寧な添削、まじで綺麗な書き文字
これが「私のためだけに」送られていると思うとテンションが爆上げ。

 

字がきれいな人ってそれだけで穏やかで美しい心をお持ちなんじゃないかと感じてしまうな…。

 

 

「手書き」だからまるで文通しているみたいな気持ちになります。

 

1か月の変遷

 

まだ始めて1か月なのですが、1文字1文字のバランスのとり方は少し掴んできたかなと思うんですよ。

 

で、こちらがボールペン講座を始めた日に書いた意思表明

 

12月28日に書いていた文字

字間違ってんぞ

 

試しにさっき書いてみた文章

 

1月30日に書いて見た文章


大味な部分が減って綺麗になったと思いませんか??
いやまだまだ「美文字」とまでは言えないけど…!
右肩上がりのクセも抜けきってないけど…!

 

 

26年書き続けてきた文字を変化させるのは一筋縄じゃいかないんですけど
変わるぞこれ、まじ。

 

ぶっちゃけ独学でもいける

 

ユーキャンの教材はこの「量」にも秘訣があると思うのですが
ぶっちゃけ、やってることは

 

  • よく文字を見る
  • 繰り返す
  • 普段から学んだことを意識する

 

こんなもんです。

自分の字を変えてやるぞ、という強い意思さえあれば
全然文字は綺麗になります。

 

私は「金を払って自分のケツを叩いた」だけ。
なぜなら
今まで独学で美文字練習しても全く続かなかったから!!!!

 

でも、何度もいうけど継続するという強い意志さえあれば全然やれます
めちゃめちゃ応援するそれは。

 

 

本気で綺麗な字になるための美文字練習帳 (ペン字・筆ペン)

↑これとか割とやってること一緒でした。

 

無料で美文字の練習ができるサイトも多数あります。

 

>>無料ボールペン字練習と漢字検定テキスト・ドリル・プリント集|幼児〜大人まで learn japanese

 

>>美文字練習プリント

 

Googleで「美文字 練習」とかで検索してみてね。

 

美文字は「慣れ」である

 

結局は「見て」「書いて」「意識して」を「繰り返す」ことで美文字に近づいて行くわけです。

 

 

ってことは

 

 

同じ文章を何度も書いてれば

 

 

その文章は上手くなるんじゃない……?

 

 

 

ということで用意したのがこちら

 

明朝体退職願お手本(名前入り)

明朝体退職願お手本(名前入り)


 ワードで書いて打ち出しました。

 

これを何日も

 

退職届練習1日目

初日

何日も

 

退職届練習2週間くらい

2週間くらい

毎日

 

退職届30枚

30枚くらい書いてた

練習すれば

 

退職届最終稿

これ出します。

 

だいぶん綺麗に書けるようになりました。

 

そして練習している間に「退職願」から「退職届」に変わりました。

 

 

 

今日提出してきます。

 

 

ところで退職届って手書きで書かなくても良いらしいですね。

 

 

退職届を持って固まるWakko



 

 

まとめ:「見て」「書いて」「意識して」を繰り返すことで文字は綺麗になります。

 

ユーキャンのボールペン字講座は圧倒的な教材の量で見て書いて意識してを無理なく繰り返すことができます。

添削課題は先生の「生字」が見れて本当に為になりますよ。楽しいし。

 

教材 メインテキスト:6冊
楷書・行書字典、あて名便利帳、練習帳2冊、課題提出用紙集、ガイドブック、お知らせと提出用紙
添削 10回
学習期間 6ヶ月(指導サポート期間延長により最長12ヵ月まで)
費用 一括払い 31,680円 分割払い 1,980円×16回 (16ヵ月)

 

 

www.u-can.co.jp

 

 

ですが、「頑張れば独学でも全然いける」という分野であることはお伝えしておきたいなと思いました。

まぁ…これは自己満足だからね…

 

字が綺麗で損することはないですよ。