ひびこれSTUDY

Wakkoの雑記ブログ。 毎日学んだこと、思ったことのアウトプットの場として運営しています。

SEO最初の一歩 見出しをもっと考えよう!

スポンサーリンク

ハーイ!Wakkoさん!(アッコさんみたいにいう)

SEOを考える第4回!!いきましょう!

 

さっき読んでいたところに戻りますか??

 突然なんだと思うでしょう、読めばわかります。

 

最初の記事

>>SEO最初の一歩 すぐに使える対策手順

前の記事

>>SEO最初の一歩 キーワードを使ってみよう

 

キーワードの使いどころはご理解いただけましたか?

 

前回の記事でも触れましたが、今回は見出しについてもっと考えてみましょう!
見出しは本で言う目次。旅で言う地図。仕事で言う目標。
ってところですかね!何が言いたいかって大事なことや、と言うことです。

 

SEO最初の一歩 見出しをもっと考えよう!

  

見出しだけで記事は成り立つ

↑これが見出しです。

 

突然ですが、新聞って読みます?

 

新聞を見てみると

タイトル→(リード文)→見出し→文章→小見出し→文章

こんな感じになっています。

 

 しかも新聞ってよく出来てて
忙しい朝でも素早く情報収集できるように
見出しだけで情報がわかる
ようになっています。

 

見出しは記事の段落の役割だけではなく
記事の内容の集大成なのです。

 

<h1>〜<h6>を使いこなそう

 見出しには<h1>〜<h6>の6構成あり、役割があります。
この役割を理解して、正しく使用することがSEO的見出しです。

 

簡単に解説していきますね。

 

<h1>はタイトルの役割を持っている

ここで当記事のてっぺんに戻ってみましょう。
>>てっぺんに戻る!

 

      はい、お帰りなさい。

  

この記事のタイトルは「SEO最初の一歩 見出しをもっと考えよう!」です。
これが<h1>の要素となります。

 

<h1>の多用は禁止? 

使っても別にいいんですけど、SEO的には禁止。

1つのページに「記事タイトル」がいくつもあると検索エンジンが迷ってしまいます。

結果、「変なサイト」認定されてしまうので検索エンジンに載せてもらえなくなる恐れがあります。

実質「見出し」は<h2>

ちょっと上に戻ってもらうと
「<h1>〜<h6>を使いこなそう」という大きい文字を青い枠で囲んだ文がありますね。
これが<h2>要素です。

この記事の見出しの役割を担ってくれています。

 

この見出しに書かれていることを今から喋りますよ〜。

という目印です。小説でいう「第○章」みたいな感じ。

 

<h3>〜<h6>は<h2>の詳しい解説に使う

<h2>だけでももちろん記事は成り立つのですが
さらに詳しい解説をしたい!という時には<h3>以下を使いましょう。

 

今回の「SEO最初の一歩 見出しをもっと考えよう!」の見出し構成は以下のようになっています。

スマホからだと見づらいかも!ごめんなさい! 

 

<h1>SEO最初の一歩 見出しをもっと考えよう!
 <h2>見出しだけで記事は成り立つ
 <h2><h1>〜<h6>を使いこなそう
  <h3><h1>はタイトルの役割を持っている
   <h4><h1>の多用は禁止?
  <h3>実質見出しは<h2>
  <h3><h3>〜<h6>は<h2>の詳しい解説に使う
 <h2>【初心者向け】見出しのhtmlタグ
 <h2>まとめ

 

<h1>の解説を<h2>が、<h2>の解説を<h3>が、<h3>の解説を<h4>が…
解説が終わったら次の章(<h2>)へ
というようになっているのがわかりますでしょうか? 

 

こんな風に順番通りにつかっていると、検索エンジン
「おっ、文章をうまく書けているなっ」
と納得してくれやすくなります。

 

逆に、見出しの順番がバラバラだと検索エンジン
「後ろに並び直してもらおう」
と、ページの登録を遅らせてしまいます。 

 

よくわからないって人はWakkoのTwitterに質問のリプライしていただいてもいいですし

とりあえず<h2>だけを使う、<h3>だけを使う、でもOKです。

twitter.com 

【初心者向け】見出しのhtmlタグ

えっタグとか分かんねぇよ!!という方はまずググりましょう。
ググれば大抵のことはわかります。

 

そもそも、ブログを書くツールにはだいたい「見出しのタグを自動でつけてくれる」機能がついていると思います。 

はてなブログの見出し機能

はてなブログだとこんな感じ

一個注意点があるのですが
はてなブログのこの機能だと、「大見出し」が<h3>です。
おかげで修正する作業に未だ追われ続けています。

はてなブログスマホアプリの見出し機能

見出し機能はスマホはてなブログにもある

他のブログサービスにも大抵付いているのではないでしょうか。

 

太文字や文字サイズの拡大で見出しを作るのは、人が見る分にはわかりやすいのですが
もしよろしければ検索エンジンにもわかりやすくしてあげて下さい。

 

せっかくなので見出しのタグもどうぞ。

 <h1>ここに記事のタイトル</h1>
 <h2>見出し</h2>
  <h3>小見出し</h3>
   <h4>小小見出し</h4>
    <h5>小小小見出し</h5>
     <h6>小小小小見出し</h6>

 

 

 見出しの終わり

うちのブログは、ブログテーマ初期設定のままの見出しデザインなので
同じような見た目で分かりづらかったですかね。
今度なーおそっ。

 

見出しをちゃんとつかっている記事は人にとっても見易いと思います。

記事を書く時はちょっと意識してみてください。

 

次回は「概要文」についてです。これもまた重要なのですけど実践するのは難しいんだな。

 

次の記事

>>「概要文」を考えよう!